Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/122-80406b4d

-件のトラックバック

[T28] 「GyaO」で配信された『コンサート・フォー・バングラデシュ』を観て

かねてから、話題に昇っていました(株)USENが運営する「GyaO」で配信されてた『コンサート・フォー・バングラデシュ』を、やっと観ました。いや~、ほんと、画像がいいですね~。前に、ビデオが出てた時と、全然、音もいいです!これは、DVDも期待大です!ジョージ

[T29] バングラデシュ

昨日GYAOでバングラデシュコンサートの映像を観た。 # GYAOというのはUSENが運営している無料の映像配信サービス。 # 普通の民放テレビ放送と同じように番組中にCMが入ります。全編ではなく、40分程度のドキュメンタリー風ダイジェストだったのだが、それでもかな....

-件のコメント

[C144] TBさせていただきました。

やっと観ました(苦笑)
FUJIYANさんのブログを見て、思い出したように観ました(^_^;)
とにかく、観てよかったです。

[C149]

>SHOWさん
コメント&TBありがとうございます。
私からもコメントさせていただきました!

で、John Lennonは1980年のインタビューで、この手のチャリティ・コンサートを批判しているんですよ。バングラデシュは音楽の可能性として、偉業を成し遂げたと思います。しかし現実は、集めたお金の行き先が不透明(アレン・クラインが持ち逃げしたという噂も聞いたことがあります。)であったりと、せっかくのミュージシャンの善意・スタッフの努力が効果のない結果に終わってしまうことを、Johnは語っていました。

そこで、Johnは収入の5%で慈善事業のための財団を作り、継続的に活動しようとしたのです。

ですから、Johnが生きていたらライヴ8に参加していたというのは、残念ながら疑問なんですよ…。

[C153]

なるほど、そうでしたか・・(^^;)
確かに、疑問な部分って大いに有りですね。
亡くなられた今となっては、どうしようもないのですが、生きていたら色んな可能性が有ったので、「世にも奇妙な物語」で放送されたような、1980年の出来事の無い世界っていうのも一つ別に有れば、行ってみたいと夢のような事を考えてしまいます(笑)

[C154]

>SHOWさん
Happy Xmas!
『世にも奇妙な物語』で、そんな話があったんですか? 観てみたいですね!
私が昔読んだ本に『えっ!』(原題『Paperback Writer』)というのがあって、Beatles誕生前からなんと再結成までをパロディにした物語なんです。で、途中まではたいしておもしろくないのですが、なんといっても解散してから1976年に再結成するまでのエピソードが、笑えないくらいおもしろく、且つ現実的なのです。
私は前述のJohn Lennonのインタビューのあとこれを読んで、「Johnの言いたかったことは、まさにこれだ!」と思いました。

話せば長くなりますので、この本についてはまた改めて記事にしようかな?

それにしても悔やまれるのは、1981年に予定されていたというJohnのジャパン・ツアーです。解散後ツアーをまったくやらなかったJohnが、ツアーをやる予定だったというんですから、これだけで想像を超えています。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「GyaO」で『コンサート・フォー・バングラデシュ』のドキュメントを配信

11月29日より来年元旦の正午まで、「GyaO」でドキュメンタリー『回顧 バングラデシュ・コンサート』の配信が始まっています。
この映像はDVD『コンサート・フォー・バングラデシュ』のボーナス映像「The Concert For Bangladesh Revisited」と同じもの。

なお、「GyaO」はMacに非対応のため、Macユーザーの私には見れないのです(涙)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/122-80406b4d

2件のトラックバック

[T28] 「GyaO」で配信された『コンサート・フォー・バングラデシュ』を観て

かねてから、話題に昇っていました(株)USENが運営する「GyaO」で配信されてた『コンサート・フォー・バングラデシュ』を、やっと観ました。いや~、ほんと、画像がいいですね~。前に、ビデオが出てた時と、全然、音もいいです!これは、DVDも期待大です!ジョージ

[T29] バングラデシュ

昨日GYAOでバングラデシュコンサートの映像を観た。 # GYAOというのはUSENが運営している無料の映像配信サービス。 # 普通の民放テレビ放送と同じように番組中にCMが入ります。全編ではなく、40分程度のドキュメンタリー風ダイジェストだったのだが、それでもかな....

4件のコメント

[C144] TBさせていただきました。

やっと観ました(苦笑)
FUJIYANさんのブログを見て、思い出したように観ました(^_^;)
とにかく、観てよかったです。

[C149]

>SHOWさん
コメント&TBありがとうございます。
私からもコメントさせていただきました!

で、John Lennonは1980年のインタビューで、この手のチャリティ・コンサートを批判しているんですよ。バングラデシュは音楽の可能性として、偉業を成し遂げたと思います。しかし現実は、集めたお金の行き先が不透明(アレン・クラインが持ち逃げしたという噂も聞いたことがあります。)であったりと、せっかくのミュージシャンの善意・スタッフの努力が効果のない結果に終わってしまうことを、Johnは語っていました。

そこで、Johnは収入の5%で慈善事業のための財団を作り、継続的に活動しようとしたのです。

ですから、Johnが生きていたらライヴ8に参加していたというのは、残念ながら疑問なんですよ…。

[C153]

なるほど、そうでしたか・・(^^;)
確かに、疑問な部分って大いに有りですね。
亡くなられた今となっては、どうしようもないのですが、生きていたら色んな可能性が有ったので、「世にも奇妙な物語」で放送されたような、1980年の出来事の無い世界っていうのも一つ別に有れば、行ってみたいと夢のような事を考えてしまいます(笑)

[C154]

>SHOWさん
Happy Xmas!
『世にも奇妙な物語』で、そんな話があったんですか? 観てみたいですね!
私が昔読んだ本に『えっ!』(原題『Paperback Writer』)というのがあって、Beatles誕生前からなんと再結成までをパロディにした物語なんです。で、途中まではたいしておもしろくないのですが、なんといっても解散してから1976年に再結成するまでのエピソードが、笑えないくらいおもしろく、且つ現実的なのです。
私は前述のJohn Lennonのインタビューのあとこれを読んで、「Johnの言いたかったことは、まさにこれだ!」と思いました。

話せば長くなりますので、この本についてはまた改めて記事にしようかな?

それにしても悔やまれるのは、1981年に予定されていたというJohnのジャパン・ツアーです。解散後ツアーをまったくやらなかったJohnが、ツアーをやる予定だったというんですから、これだけで想像を超えています。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

FUJIYANはホワイトバンドを応援します
ほっとけない 世界のまずしさ

Beatlesナンバーのカラオケならほとんど配信されています
GO!GO! UGA

音でカラオケを選ぶならココ
clubDAM.com

配信スピードがイチバン早いのはココ
JOYSOUND.com

Beatlesのあらゆる情報を網羅するサイト
メルマガでは当カラオケ大会も宣伝していただいてます
ビートピア

ウィングス・トリビュート・バンド「Flying Horses」を率いるJashさんのサイト
Paul McCartneyの情報ならココ
Jash's Homepage

FAB4マニアにして「アタック25」出場経験を持つ松やんさんのサイト
Matsu-Yan's HOMEPAGE

ブート・コレクター一臣さんのブログ
▽架空の杜△

WALLさんが、Paul McCartneyの曲を熱く語るサイト
WALL

ウィングス・コピーバンドFlying Horsesのボーカル、あらっちさんのブログ
後ろ髪がカッコイイ!
あらっち日記

1964年、1965年、1977年、1980年の洋楽TOP10チャートを回顧できるもりたんさんのブログ
想い出の洋楽チャート(^^ゞ

音楽に映画に多趣味。カラオケでは超マニアックなナンバーを唄ういさおさんの日記
Kiwi's Blog

旭区のロック&フォークLIVEカラオケブティック
熱いマスターやっさんに会える
KinPouGe

パティさんの60年代ヴィンテージSHOP
JUNIPER

イマジン ジョン・レノン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/25)

Jenny Wren
Jenny Wren
posted with amazlet on 06.01.04
Paul McCartney
Parlophone (2005/11/21)

プロフィール

FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)

  • Author:FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)
  • こんなことを思ったことありませんか?

    Beatlesになりたい!

    会社の同僚との飲み会。カラオケの席で唄ってみたいBeatlesナンバー。
    しかし、そんなことをしたら、退かれるに違いない。

    ああ、唄ってみたい。誰にも気兼ねせずに、大好きなBeatlesを。
    コーラスをつけたり、ハモってみたい。Beatlesで。

    そんなあなたを応援します。私といっしょになりましょう!

    週末はBeatlesに!

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。