Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/128-fa8e787a

-件のトラックバック

[T34] LIVE @ 大阪梅田「えでぃさんのお店」

記念すべき30回目のLIVEは、'05年を締めくくるべくして行われました。 今回のコンセプトは「Paul McCartney 05 US Tour」の再現。 衣装まで再現し様と目論み、水色Tシャツ+ジャケットというこだわりも垣間見せようと 涙ぐましい努力も。 そして演奏曲目は以下の通り。

[T37] Paul McCartney Tribute Band "Flying Horses"Live Report

昨年末、2005年12月30日(金)に大阪・西天満の「えでぃさんの店」にて、管理者Jashがバンマスを勤めるポール・マッカートニーのトリビュート・バンド「Flying Horses」のライブを行いましたので、そのレポートをお送りします。 FLYING HORSESの記念すべき30回目のライ....

-件のコメント

[C183] ありがとうございます!

詳細なレポートありがとうございます!
まさか、ここまで詳細に書いて頂けるとは・・・。保存版ですね(笑)

当日の盛り上がった様子がすぐに目に浮かびます。と当時に、お客さんから見たライブの様子も分かって、興味深いです。

さらに、私が目隠しのままなのが最高!(笑) ちょっと浮いてますけど(苦笑)

このレポート、FHのサイトに転載させてもらってよろしいでしょうか?

[C188] うわぁぁぁ!!

このレポート、見ごたえあって、とても嬉しいです(^○^)
括弧良いレポート、ほんとにありがとうございます。

あと、そんなにも早くにお越し頂いていたんですね…。
06年も、各地でLIVEやって行ければと思ってますので、
ますますのご贔屓のほど、宜しくお願い致しますm(__)m
  • 2006-01-05
  • あらっち@FLYING HORSES
  • URL
  • 編集

[C189] ほんと、詳細なレポートですね。

感心いたしました。
次回のライブが楽しみですね。
アキバさんとは、正月にロンタンで御挨拶しましたよ。
でも、仕事中だったので、30日の事は話されずでした。
今年、出来る事なら早くお会いしたいもんですね♪

[C193]

>Jashさん
入魂しちゃいました(笑)。
書きたいことはいっぱいあったので、かえってなかなか手が付けられず、今頃のアップになってしまいました。
今度はちゃんとリクエスト通り、ウィークエンダー風にしておきましたので(笑)。
Flying Horsesさんのサイトに転載していただけるんですか? めっちゃウレシイですよ! もし間違ってる箇所があれば、手直ししといてくださいね(爆)。

>あらっちさん
なによりバンドの皆さんに喜んでいただいているのが良かったです。書いた甲斐がありました。
以前、SHOWさんから「入り口がステージ脇にあるので、演奏が始まってしまうと入りにくい」とお聞きしてたので、絶対に開演前に到着せねば…、と昼から夕食のクリーム・シチューを作って間に合わせましたよ(笑)。

>SHOWさん
アキバくんも、「SHOWさんがなんでFUJIYANのこと知ってるの?と、びっくりしたんですよ」と言ってました! ネットって面白いですよね。いろいろなところで、知らないうちにいろいろな人とリンクしていくんですから。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Flying Horses at えでぃさんのお店

年の瀬も押し迫った昨年末12月30日、大阪淀屋橋は「えでぃさんのお店」において、当ブログでおなじみのJashさん率いるウィングス・トリビュート・バンド「Flying Horses」のライヴが行われ、FUJIYANもお誘いをいただいたので行ってまいりました!
kanban

ライヴが始まってしまうと、途中からお店に入りにくいと聞いていたので、早めの出発。6時半開場というので予定通り6時15分に到着。

少々奥に入った、ひっそりとした通りに面したえでぃさんのお店ですが、地図を片手にすぐみつかりました。

menu


するとどうでしょう。店内から「Got To Get You Into My Life」の演奏が聞こえて来るではありませんか!

Revolver [FROM US] [IMPORT]

「しまった!時間間違えた!!」と思い焦りましたが、「リハーサル中」という貼り紙を見て「ほっ!」。

適当に時間を潰して6時半に店内へ。流石に一番乗りでした(笑)。

店内に入ってまずびっくり! 入り口に立つお店のスタッフ…どこかで見た顔…(この間1秒ほど…)「ああ! なんでこんなとこに居るん!?」スタッフとしてお店に居たのは、なんと「Beatlesカラオケ・オフin大阪」の発起人にして第1・2回大会の幹事、アキバくんではありませんか!

「バイトなんです」彼がえでぃさんのお店でときどきバイトしてるのは彼のブログで知ってましたが、まさかこの日にここで会えるとは!

後ほど、Jashさんも現れてそれぞれ紹介させていただきました。

生ビールを頼んで、まだ客のいない店内をウロウロ。壁に掛けられたJohn Lennonの使っていたのと同じリッケンバッカーが一際光ってました。「やっぱし、このギターカッコイイ…」

7時半開演の予定を過ぎること30分。8時にライヴが始まる頃にはなんと超満員。30名で満席の店内にはおそらく30名を超える観客が居た模様。「Flying Horsesの集客力はスゴイ!」

今回のライヴのコンセプトは、昨年行われたPaulの全米ツアー再現。2時間という枠内で、数曲端折るもののそのツアーを完全コピーするというもの。

午後8時。
照明が落ち、店内が暗くなる。やがてステージにライトが灯り、お馴染みのファンファーレで始まる「Magical Mystery Tour」。

Magical Mystery Tour

登場したFlying Horsesのメンバーは、前列向かって右にギターのやぶらいあんさん。SGがGeorge Harrisonを思わせます。

MagicalMysteryTour


2曲目は「Flaming Pie」。1981年から2001年まで、FUJIYANがほとんどBeatlesに接しなかった時期に出された曲であるため、このときに初めて聴くことに。

Flaming Pie

タイトルから想像していたミドル・テンポのポップな曲調とはまるで違う、結構ヘヴィーなサウンド。

向かって左に立つよっさんは、キーボードにギターと変幻自在の演奏。

MCのJashさんとやぶらんあんさんの掛け合いも漫才みたいで面白い! やぶらいあんさん、なんかイイ味してます(笑)。

次の「Jet」では、センターに位置するボーカルのあらっちさんが、右手人差し指を差し上げて、コンサートでのPaulを彷彿とさせる控えめのパフォーマンス。

Band on the Run

「Woh, she said」のポーズも決まってます! 間奏は紅一点まみださんのキーボード・ソロ。ウィングスもここはリンダ・マッカートニーのソロ。おまけにあらっちさんとまみださんが夫婦と…、そこまで再現するとは凄すぎる!(笑)

Jet


Paulのニュー・アルバムからのヒット曲「Fine Line」では、ドラムスのJashさんがバック・ボーカルで絡む。「カラオケ・オフ」では、Jashさんの十八番なだけに、あらっちさんと息のあったハモリを聴かせてくれます。

Fine Line (CCCD)

あらっちさんが、リッケンバッカーのベースからキーボードに移動しての「Maybe I'm Amazed」。やっぱりねえ、それまで他の楽器演ってた人が、ピアノの弾き語りをやるとカッコいいのよ。

ポール・マッカートニー

MaybeImAmazed


FUJIYANの持つイメージとしては、「English Tea」は「For No One」のパロディ。この2曲を並べる構成も面白い。

Chaos and Creation in the Backyard

よっさんのイントロ失敗やり直しというハプニングもあったけれど、ストリングスを再現したキーボードは見事でした!

Jashさんによるリコーダーのソロも楽しい。私はリコーダーが大好きなので(実は唯一得意な楽器です(笑))、とても好感のもてる演奏。この夜のイチバンでした。

次の「I'll Follow The Sun」では、Paulが最後にリフレインで遊んでるんですが、そこまで完全に再現。「実際Paulもやってるんですよ、奥さん(笑)」

Beatles for Sale

「Good Day Sunshine」の前に、例の宇宙中継のエピソードが紹介される。スペースシャトル・ディスカバリーの目覚ましのためにこの曲が使われたというもの。そのお返しとして、Paulがロシアの宇宙ステーションに向けて、この曲と「English Tea」を演奏したのです。

第1部のラストを飾るのは「Band On The Run」。Flying Horses得意のナンバーだけあって、見事な演奏。

ここでライヴは小休止。この時間を利用して、バンド・メンバーによるプレゼント抽選会が行われました。

PaulのブートやBeatlesのCDなど、ファンには嬉しい賞品から、Paulとは何も関係ないタオル・セットまで(謎)。次々と登場するプレゼントに客席から大歓声。

私も見事? タオル・セットをゲットしました(笑)

shohin


第2部は「Penny Lane」でスタート。そして「Back In The U.S.S.R.」では、飛行機のエンジン音まで再現され、客席もノリノリ!

THE BEATLES 1

「Hey Jude」のエンディングは、もちろん全観客による大合唱に。

1967~1970

続いて「Live & Let Die」「Get Back」と大ヒット曲のオン・パレード。畳みかけるような構成で、ステージもフィナーレへと向かう。

All the Best

Let It Be…Naked (CCCD)

ラスト・ナンバーとして演奏されたのは「Helter Skelter」。Paulの今度のツアーで、楽しみの一つはこの曲。63歳の彼が、この曲をどんな風に歌ったのか!

ザ・ビートルズ

アルバム『ANTHOLOGY 3』で紹介されたテイク2を演るのではと予想していたのですが、ここで演奏されたFlying Horsesのバージョンは、テイク2と『ホワイト・アルバム』バージョンを足して2で割ったどころか、かなり後者に近いもの。これも先の全米ツアーを忠実に再現しているのだとすれば、Paulの来日をめちゃくちゃ期待してしまいます。

アンソロジー(3)

HelterSkelter


ここでFlying Horsesの演奏は一旦終了。照明が落ちると一斉に拍手が湧く。拍手は段々と大きくなり…そして、アンコールを求めて割れんばかりの手拍子に。

手拍子が最高潮に達し、ステージに三度照明が。アンコールに応えまた姿を見せたFlying Horsesの面々。

あらっちさんが再びピアノの前に座り、始まったのは「Let It Be」。Jashさんの刻むハイハットは、それがPaulのツアーの再現だとしても、私にはRingo Starrの姿が浮かんでしまいます。

レット・イット・ビー

いよいよこの日の本当のラスト。Jashさんのカウントで始まったのは「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」そしてメドレーで続く「The End」。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

アビイ・ロード

Jashさんのドラム・ソロ。やぶらいあんさんとよっさんのギター競演。まみださんのピアノ。そしてあらっちさんのボーカル。メンバー全員がひとつになり、2時間のステージは幕を閉じました。

TheEnd


全てのプログラムが終了し、メンバーの顔は皆、やり遂げた満足感に満ちていました。

店を出るお客さん一人一人を全員で見送るFlying Horsesのメンバー。「記念撮影かまいませんか?」という私に、メンバー全員快く承諾をいただきました。

アキバくんに撮影をお願いして、一同チーズ!「ありがとうございました。またカラオケ・オフにもお越し下さい。これからも頑張ってください。」とメンバーにお伝えして、私もえでぃさんのお店を後にしました。

kinen
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/128-fa8e787a

2件のトラックバック

[T34] LIVE @ 大阪梅田「えでぃさんのお店」

記念すべき30回目のLIVEは、'05年を締めくくるべくして行われました。 今回のコンセプトは「Paul McCartney 05 US Tour」の再現。 衣装まで再現し様と目論み、水色Tシャツ+ジャケットというこだわりも垣間見せようと 涙ぐましい努力も。 そして演奏曲目は以下の通り。

[T37] Paul McCartney Tribute Band "Flying Horses"Live Report

昨年末、2005年12月30日(金)に大阪・西天満の「えでぃさんの店」にて、管理者Jashがバンマスを勤めるポール・マッカートニーのトリビュート・バンド「Flying Horses」のライブを行いましたので、そのレポートをお送りします。 FLYING HORSESの記念すべき30回目のライ....

4件のコメント

[C183] ありがとうございます!

詳細なレポートありがとうございます!
まさか、ここまで詳細に書いて頂けるとは・・・。保存版ですね(笑)

当日の盛り上がった様子がすぐに目に浮かびます。と当時に、お客さんから見たライブの様子も分かって、興味深いです。

さらに、私が目隠しのままなのが最高!(笑) ちょっと浮いてますけど(苦笑)

このレポート、FHのサイトに転載させてもらってよろしいでしょうか?

[C188] うわぁぁぁ!!

このレポート、見ごたえあって、とても嬉しいです(^○^)
括弧良いレポート、ほんとにありがとうございます。

あと、そんなにも早くにお越し頂いていたんですね…。
06年も、各地でLIVEやって行ければと思ってますので、
ますますのご贔屓のほど、宜しくお願い致しますm(__)m
  • 2006-01-05
  • あらっち@FLYING HORSES
  • URL
  • 編集

[C189] ほんと、詳細なレポートですね。

感心いたしました。
次回のライブが楽しみですね。
アキバさんとは、正月にロンタンで御挨拶しましたよ。
でも、仕事中だったので、30日の事は話されずでした。
今年、出来る事なら早くお会いしたいもんですね♪

[C193]

>Jashさん
入魂しちゃいました(笑)。
書きたいことはいっぱいあったので、かえってなかなか手が付けられず、今頃のアップになってしまいました。
今度はちゃんとリクエスト通り、ウィークエンダー風にしておきましたので(笑)。
Flying Horsesさんのサイトに転載していただけるんですか? めっちゃウレシイですよ! もし間違ってる箇所があれば、手直ししといてくださいね(爆)。

>あらっちさん
なによりバンドの皆さんに喜んでいただいているのが良かったです。書いた甲斐がありました。
以前、SHOWさんから「入り口がステージ脇にあるので、演奏が始まってしまうと入りにくい」とお聞きしてたので、絶対に開演前に到着せねば…、と昼から夕食のクリーム・シチューを作って間に合わせましたよ(笑)。

>SHOWさん
アキバくんも、「SHOWさんがなんでFUJIYANのこと知ってるの?と、びっくりしたんですよ」と言ってました! ネットって面白いですよね。いろいろなところで、知らないうちにいろいろな人とリンクしていくんですから。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

FUJIYANはホワイトバンドを応援します
ほっとけない 世界のまずしさ

Beatlesナンバーのカラオケならほとんど配信されています
GO!GO! UGA

音でカラオケを選ぶならココ
clubDAM.com

配信スピードがイチバン早いのはココ
JOYSOUND.com

Beatlesのあらゆる情報を網羅するサイト
メルマガでは当カラオケ大会も宣伝していただいてます
ビートピア

ウィングス・トリビュート・バンド「Flying Horses」を率いるJashさんのサイト
Paul McCartneyの情報ならココ
Jash's Homepage

FAB4マニアにして「アタック25」出場経験を持つ松やんさんのサイト
Matsu-Yan's HOMEPAGE

ブート・コレクター一臣さんのブログ
▽架空の杜△

WALLさんが、Paul McCartneyの曲を熱く語るサイト
WALL

ウィングス・コピーバンドFlying Horsesのボーカル、あらっちさんのブログ
後ろ髪がカッコイイ!
あらっち日記

1964年、1965年、1977年、1980年の洋楽TOP10チャートを回顧できるもりたんさんのブログ
想い出の洋楽チャート(^^ゞ

音楽に映画に多趣味。カラオケでは超マニアックなナンバーを唄ういさおさんの日記
Kiwi's Blog

旭区のロック&フォークLIVEカラオケブティック
熱いマスターやっさんに会える
KinPouGe

パティさんの60年代ヴィンテージSHOP
JUNIPER

イマジン ジョン・レノン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/25)

Jenny Wren
Jenny Wren
posted with amazlet on 06.01.04
Paul McCartney
Parlophone (2005/11/21)

プロフィール

FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)

  • Author:FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)
  • こんなことを思ったことありませんか?

    Beatlesになりたい!

    会社の同僚との飲み会。カラオケの席で唄ってみたいBeatlesナンバー。
    しかし、そんなことをしたら、退かれるに違いない。

    ああ、唄ってみたい。誰にも気兼ねせずに、大好きなBeatlesを。
    コーラスをつけたり、ハモってみたい。Beatlesで。

    そんなあなたを応援します。私といっしょになりましょう!

    週末はBeatlesに!

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。