Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/3-52bfb265

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Beatlesはお腹いっぱい

今週より「The Back Seat Of My Car」について書こうと思っています。

もちろん久しぶりというか、長い間お待たせして申し訳ありませんでしたが、カラオケ解説を復活させますよ! こうご期待!!

で、「The Back Seat Of My Car」さんが作られたサイトを見つけました。2002年のPaul McCartney来日ツアーについての記事があったので、それについて書いてみます。

もう3年前になるんですよね。ついこないだのことのようにも思えます。

Paul McCartneyの2002年来日ツアー。私は11/18月曜の大阪公演に行きました。Paulのコンサートは、90年の東京ドームに行った経験があるんですが、何かそのときとは比べモノにならないほど胸がワクワクしていました。

ひとつはPaulがすでに60歳になっていたこと。普通ならお爺さんと呼んでいい歳です。当時、もうツアーは最後になると言われていました。

もうひとつはBeatlesナンバーを多数演奏すると言われていたこと。構成は先の全米ツアーとほぼ同じということがわかっていましたし、どんな曲を演奏するかもだいたい知られていました。

しかし、このBeatlesナンバーこそが問題のひとつでもあったんですよね。

確かに今回のワールド・ツアーで初めて取り上げられた「Getting Better」や「She's Leaving Home」は、ある意味新鮮でした。

しかし、もう何回演奏されたかわからないほど歌い古された「Yesterday」に、どれだけの輝きがあったのでしょうか。

もっとウィングス・ナンバーを演ってほしい!という声がありました。私も同意見です。Paulが最高に輝いていた時代。70年代後期のウィングス絶頂期の曲が聴きたいと思うようになっていました。

しかし、これとて、今のPaulが好きでファンになった人にとっては、過去の遺産に過ぎないのかも知れません。このツアーの時点での最新アルバムである『DRIVING RAIN』からの曲をもっと演奏して欲しいと考えるのは当然のことなんです。そして本来コンサート・ツアーというものは、ニュー・アルバムとのタイアップで行われるものなのです。

1975年から76年にかけて行われたウィングスのワールド・ツアーは、当時売り出し中だった『VENUS AND MARS』を中心に構成されていました。アルバムの出来も素晴らしかったのですが、コンサートの完成度も高く、それは『WINGS OVER AMERICA』を聴けばわかる通りです。(ここでは更に『SPEED OF SOUND』からも数曲演奏され、アルバム、シングル共に大ヒットしました。)

Beatlesの曲は、もう数え切れないほど聴いてきました。だからもういいんじゃないですか?(とは言うものの、去年のツアーで初めて演奏した「You Won't See Me」や「Helter Skelter」は聴いてみたいですが…)

今年、9月から全米ツアーが始まります。それに先だってニュー・シングル「Fine Line」がリリースされ、また直前にニュー・アルバムも発売されます。

このアルバムから何曲演奏されるか…。Paulの現役ロックン・ローラーとしての意気込みをそこに見たいと思います。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/3-52bfb265

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

FUJIYANはホワイトバンドを応援します
ほっとけない 世界のまずしさ

Beatlesナンバーのカラオケならほとんど配信されています
GO!GO! UGA

音でカラオケを選ぶならココ
clubDAM.com

配信スピードがイチバン早いのはココ
JOYSOUND.com

Beatlesのあらゆる情報を網羅するサイト
メルマガでは当カラオケ大会も宣伝していただいてます
ビートピア

ウィングス・トリビュート・バンド「Flying Horses」を率いるJashさんのサイト
Paul McCartneyの情報ならココ
Jash's Homepage

FAB4マニアにして「アタック25」出場経験を持つ松やんさんのサイト
Matsu-Yan's HOMEPAGE

ブート・コレクター一臣さんのブログ
▽架空の杜△

WALLさんが、Paul McCartneyの曲を熱く語るサイト
WALL

ウィングス・コピーバンドFlying Horsesのボーカル、あらっちさんのブログ
後ろ髪がカッコイイ!
あらっち日記

1964年、1965年、1977年、1980年の洋楽TOP10チャートを回顧できるもりたんさんのブログ
想い出の洋楽チャート(^^ゞ

音楽に映画に多趣味。カラオケでは超マニアックなナンバーを唄ういさおさんの日記
Kiwi's Blog

旭区のロック&フォークLIVEカラオケブティック
熱いマスターやっさんに会える
KinPouGe

パティさんの60年代ヴィンテージSHOP
JUNIPER

イマジン ジョン・レノン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/25)

Jenny Wren
Jenny Wren
posted with amazlet on 06.01.04
Paul McCartney
Parlophone (2005/11/21)

プロフィール

FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)

  • Author:FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)
  • こんなことを思ったことありませんか?

    Beatlesになりたい!

    会社の同僚との飲み会。カラオケの席で唄ってみたいBeatlesナンバー。
    しかし、そんなことをしたら、退かれるに違いない。

    ああ、唄ってみたい。誰にも気兼ねせずに、大好きなBeatlesを。
    コーラスをつけたり、ハモってみたい。Beatlesで。

    そんなあなたを応援します。私といっしょになりましょう!

    週末はBeatlesに!

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。