Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/44-26e5ec50

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Fine Line

ファイン・ライン(CCCD)
ポール・マッカートニー
東芝EMI (2005/09/07)
売り上げランキング: 235
おすすめ度の平均: 3
3 新曲



ほとんどの楽器をPaul McCartney自身が演奏したというアルバム『CHAOS AND CREATION IN THE BACK YARD』のオープニングは、先にシングル・リリースされたミドル・テンポの軽快なロックン・ロール・ナンバーです。
ほとんどの楽器をPaul McCartney自身が演奏したというアルバム『CHAOS AND CREATION IN THE BACK YARD』のオープニングは、先にシングル・リリースされたミドル・テンポの軽快なロックン・ロール・ナンバーです。

ベーゼンドルファーのグランド・ピアノとボールドウィンのスピネットというエレクトリック・ハープシコード、ベースはヘフナー、ギターはエピフォン・カジノ、アコースティック・ギターはマーチンD28、ラディックのドラムス、シェーカー、タンバリンをPaulが演奏し、他はジョビー・タルボットによるアレンジと指揮でミレニアム・アンサンブルがストリングスを演奏しています。

ボールドウィンのスピネットは、過去『ABBEY ROAD』の「Because」のレコーディングで使用されました。こちらはジョージ・マーティンがプレイしています。

ヘフナーはこのアルバム中の全曲で使用されています。最近はライヴでももっぱらヘフナーですね。ウィングス時代はリッケンバッカーがトレード・マークになっていましたが、音で選んでいるというより、ある意味「Beatles」を強く意識した楽器の選択のように思えます。

ウィングス時代のPaulは、それだけBeatlesに対する対抗意識を持っていたのではないでしょうか?

レコーディングは、ロンドンのエア・スタジオ。これもジョージ・マーティンがEMIから独立して建てたスタジオです。アルバムのほとんどは、このスタジオでレコーディングされました。


●「舌噛みフレーズ」を克服せよ

この曲を唄うとなると、まずやっかいなのがいきなり出てくる舌を噛みそうなフレーズですよね。実際Paulも噛んでるように聞こえちゃうくらいです(笑)。

ここが最難関でもあり、また最重要ポイントです。比較的簡単な曲でもありながら、本当にこの部分の歌詞を追うのが難しく、これを難なくこなせばとてもカッコいいボーカルになること間違いなし!

全部で4回登場するこの「舌噛みフレーズ」ですが、まず1回目、冒頭にいきなり登場する"recklessness and courage"の前後は、こう唄いましょう。「ビィツィーンウッェックレスネッズンキィォリジョッゼゥバーゥツァーィム ユァンダススッドゥウィツォッツゥツェイ」これでも舌を噛みそうですね(笑)。

次の"And your decision makes a difference"の辺りは、「エニヨッドゥスィージューメックスウーディッフルンスゲリローングウィゥビーメーキーヌービーグステイー」これだけを一息で唄いましょう。

2番はアルバムタイトルにもなった"chaos and creation"が挿入されています。「ビッツゥィーンケイアーセンクィエーションニーフュードーンセーィ ウィチュウォーナーディージューゴーナチューズィフシュローングウェー」と唄い、次の"And if every contradiction seems the same"を「エンディーヴェーヴィカントゥディジュスィムズーセーィ イッツーゲイヌンチュバウンル─ズ」と続けましょう。

どうですか? この4つをマスターすれば、あなたも成れます。Beatlesに!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fujiyan1966.blog18.fc2.com/tb.php/44-26e5ec50

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

FUJIYANはホワイトバンドを応援します
ほっとけない 世界のまずしさ

Beatlesナンバーのカラオケならほとんど配信されています
GO!GO! UGA

音でカラオケを選ぶならココ
clubDAM.com

配信スピードがイチバン早いのはココ
JOYSOUND.com

Beatlesのあらゆる情報を網羅するサイト
メルマガでは当カラオケ大会も宣伝していただいてます
ビートピア

ウィングス・トリビュート・バンド「Flying Horses」を率いるJashさんのサイト
Paul McCartneyの情報ならココ
Jash's Homepage

FAB4マニアにして「アタック25」出場経験を持つ松やんさんのサイト
Matsu-Yan's HOMEPAGE

ブート・コレクター一臣さんのブログ
▽架空の杜△

WALLさんが、Paul McCartneyの曲を熱く語るサイト
WALL

ウィングス・コピーバンドFlying Horsesのボーカル、あらっちさんのブログ
後ろ髪がカッコイイ!
あらっち日記

1964年、1965年、1977年、1980年の洋楽TOP10チャートを回顧できるもりたんさんのブログ
想い出の洋楽チャート(^^ゞ

音楽に映画に多趣味。カラオケでは超マニアックなナンバーを唄ういさおさんの日記
Kiwi's Blog

旭区のロック&フォークLIVEカラオケブティック
熱いマスターやっさんに会える
KinPouGe

パティさんの60年代ヴィンテージSHOP
JUNIPER

イマジン ジョン・レノン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/25)

Jenny Wren
Jenny Wren
posted with amazlet on 06.01.04
Paul McCartney
Parlophone (2005/11/21)

プロフィール

FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)

  • Author:FUJIYAN(世界初のビートルズ・カラオケ・プロデューサー)
  • こんなことを思ったことありませんか?

    Beatlesになりたい!

    会社の同僚との飲み会。カラオケの席で唄ってみたいBeatlesナンバー。
    しかし、そんなことをしたら、退かれるに違いない。

    ああ、唄ってみたい。誰にも気兼ねせずに、大好きなBeatlesを。
    コーラスをつけたり、ハモってみたい。Beatlesで。

    そんなあなたを応援します。私といっしょになりましょう!

    週末はBeatlesに!

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。